京都で過ごすひとときを、より趣深いものに。
その一心でお客様に寄り添い、旅のお手伝いをしております。

当館は京町家の伝統的な内装や意匠を受け継いだ、8室だけの小さな宿です。
豪奢なサービスはご用意できませんが、
若女将をはじめスタッフ一同、心を尽くして、
一人ひとりのお客様に寄り添ったおもてなしをいたします。
存分にお寛ぎいただき、古き良き暮らしを味わっていただけますと幸いです。

2015年より6年連続でミシュランガイドに
「快適な宿」としてご紹介いただいております。

建物について

当館は1909年(明治42年)に建てられた伝統的な京町家です。
母屋と土蔵は国の登録有形文化財に、塀は市の歴史的意匠建造物指定されております。

外観は高塀造りの仕舞屋(しもたや)で、通りに面して腰高の出格子窓が付いています。出格子の内側は杉皮葺きの庇、腕木は皮付き曲木で数奇屋風の材が用いられ、窓台の内側下方には戸袋が仕込まれているなど、非常に手の込んだ造りになっています。
母屋の内装は、古き良き町家建築に近代的な要素を組み込んだ趣があり、大きな1枚ものの波うちガラスや奇木があしらわれています。
土蔵は、戸口上部に漆喰を塗りこんだ貫禄ある鳥居風門構えが特徴です。

おもてなしについて

1951年(昭和26年)の旅館創業以来、京都の伝統文化と季節の感性を大切にして、お客様をお迎えしております。

ご到着の際には、手作りの和菓子とお抹茶を立ててお迎えいたします。荷物を下ろしてお好きなようにお寛ぎください。お茶の作法に興味がある方はぜひお声がけください。

館内やお部屋には四季折々のお花やお軸のしつらえをしております。門から玄関までの小道やお庭も日々手入れをしております。夕方以降にはライトアップされた中庭をお楽しみください。

当館では夕食のご用意はありませんが、周りにはおいしいお店が多数ございます。京都観光のご案内や通な楽しみ方など、この地で代々暮らしてきた一家ならではのおすすめが多くありますので、ご希望の方はぜひお声がけください。

また、英語でのご案内もさせていただきます。

エリアについて

当館は京都の中心地、地下鉄五条駅と四条駅の間にあり、観光にもとても便利な立地です。東本願寺や鴨川、五条大橋、祇園などにも近く、周りには新旧さまざまな名店が多くあります。

烏丸通から一本入っただけで、路地には昔ながらの京都の暮らしが息づいており、何気ない風景から古都らしさや風情を感じていただけます。暮らすように旅をしてみたい方には特におすすめの界隈です。